症例紹介
すずらん台歯科医院


※ご注意:ここに掲載されている症例はごく一部であり、了解を得られた方のみ掲載しています
 

スマイルアライナー(スタンダードおよびスピード)・マウスピース矯正症例


※治療期間について(ご注意)
1)スピードタイプではスタンダードタイプの約2/3
程度に短縮が期待できます。
2)治療期間には、治療途中と治療後の保定期間、および(スタート時および治療途中の「型取り」から
)製作に要する期間は含まれません。

3)当院の指示通りにマウスピースを装着、交換していただいた場合の期間とお考え下さい。従って、マウスピースの装着時間、治療の進行状況、口腔内の状況、年齢等によって、同じタイプの歯並びであっても大きく異なる場合があります。
 


症例1 開始時年齢24歳、女性 
診断:前歯部叢生、右上2口蓋側転位、使用装置:スタンダード、治療期間:約2年6か月、
非抜歯

治療前
no.5-pre4.jpg

治療後DSCN3216-5.JPG 
 

症例2 開始時年齢:20歳、女性
診断:上顎正中離開、下顎前歯部空隙歯列、使用装置:スタンダード、治療期間:約1年、
非抜歯

治療前
CIMG0106-9.jpg

治療後
CIMG1389-6.jpg

症例3 開始時年齢20歳、女性
診断:前歯部開咬、使用装置:スタンダード、治療期間:約2年6か月、
親知らずのみ抜歯

治療前
CIMG0197-7.jpg

治療後
DSC_0484-3.jpg


症例4 開始時年齢14歳、女性
診断:前歯部叢生、左上2口蓋側転位、使用装置:スタンダード、治療期間:約1年9か月、
非抜歯

治療前
CIMG0842-6.jpg

治療後

CIMG6342-6.jpg
 

症例5 開始時年齢20歳、女性
診断:下顎前歯部叢生、使用装置:スタンダード、治療期間:約2年、
非抜歯

治療前

CIMG0514-6.jpg

治療後


DSCN3018-5.jpg
 

 

症例6 開始時年齢27歳、女性
診断:下顎前突(受け口)、顎偏位症(あごの位置のずれ)
使用装置:スタンダード、治療期間:約3年9か月、
非抜歯

治療前
CIMG0264-5.jpg 

治療後(平成25年5月に、歯列矯正で歯牙の移動が終了して後、前歯部分のブリッジを再製し、現在はメインテナンス中)

DSCN6821-5.jpg 

治療開始前(左)と治療終了後(右)の下あごの位置
黄色で示した線が下あごの真ん中(正中)です。
右下のほくろの位置が変化しているのにもご注目下さい。
CIMG0312-4.jpg
 

症例7 開始時年齢37歳、男性
診断:前歯部叢生(乱ぐい)、使用装置:スタンダード、治療期間:約1年6ヶ月、
非抜歯

治療前 
CIMG4498-4.jpg

治療後

DSCN6005-3.jpg 
 

症例8 開始時年齢35歳、男性
診断:上下顎前歯部叢生(乱ぐい)、上顎側切歯口蓋側転位
使用装置:スマイルアライナー・スピード
治療期間:約10ヶ月、親知らずのみ抜歯

治療前

DSCN5002-6.JPG

治療後 

DSCN7403-5.JPG

※下顎前歯部の歯間部にできた隙間については、閉鎖することも可能でしたが、ご本人の希望により閉鎖せず、このまま歯牙移動終了としました。 
 

例9 開始時年齢35歳、女性
診断:上下顎前歯部叢生(乱ぐい)、上顎中切歯位置異常
使用装置:スマイルアライナー・スピード
治療期間:約8ヶ月、親知らずのみ抜歯


治療前

DSCN6182-4.jpg


治療後

DSCN8641-6.jpg
 

例10 開始時年齢27歳、女性
診断:上顎前歯部叢生(乱ぐい)、上顎側切歯位置異常
使用装置:スマイルアライナー・スタンダード
治療期間:約2年6ヶ月、親知らずのみ抜歯

治療前

CIMG0240-5.jpg

治療後

DSCN7135-5.jpg 



症例11 開始時年齢17歳、女性
診断:上下顎前歯部叢生(乱ぐい)
使用装置:スマイルアライナー・スタンダード
治療期間:約2年、非抜歯

治療前

DSC_0572-4.jpg

治療後

DSCN8748-4.jpg

現在保定(メインテナンス)中

 

症例12 開始時年齢25歳、女性
診断:上下顎前歯部叢生(乱ぐい)
使用装置:スマイルアライナー・スピード
治療期間:約1年、非抜歯

治療前

DSCN5184-4.jpg

治療後


DSCN8613-4.jpg 

現在保定(メインテナンス)中
 

症例13 開始時年齢14歳、診断:上下顎正中離開、使用装置:スタンダード、治療期間:7か月、非抜歯

治療前
DSCN8093-3.jpg

治療後 
DSCN0003-3.jpg 

スマイルベース・小児口腔育成矯正症例

個々の歯を並べる装置(スマイルアライナーもしくはスマイルアライナー・フォーキッズ)に入る前の段階、もしくはスマイルベースのみでの治療症例を紹介しています。
 

症例1 治療開始時6歳 女児
左が治療開始前、右が開始から約4ヶ月後 

  特に上あごの部分の高さが増しています。
 


症例2 治療開始時10歳 男児

左が開始前、右が開始から約3ヶ月後


症例3 開始時年齢7歳 女児

左が開始前、右が開始から約11ヶ月後


症例4 開始時年齢15歳、女性
使用装置:スマイルベースにて現在治療中

左側の写真が治療開始前、右側の写真が治療開始から約
1年3ヶ月

DSCN8710-5.jpg


症例4の方の治療開始前の歯列


同、スマイルベース終了後。上下のあごの骨のボリュームが増えています。現在スマイルアライナーにて個々の歯の移動を行っております。最終の状態ではありませんのでご注意下さい。


症例5 開始時年齢10歳、女児
現在スマイルベースにて治療中
左が治療開始前、右が開始から約1年3ヶ月後 
 



 

スマイルアライナー・フォーキッズ・小児口腔育成矯正症例

症例1 開始時年齢9歳、男性
診断:上顎前突および上顎正中離開、使用装置:旧キッズベース(約6ヶ月)から移行(約2年)、治療期間:約2年6ヶ月、永久歯は非抜歯

治療前

CIMG2265-3.jpg
治療後
DSCN5248-3.jpg 
 

症例2 開始時年齢9歳、男性
診断:上下顎前歯部叢生、使用装置:スマイルベースにて現在治療中

左側の写真が治療前、右側の写真が治療開始から約1か月半後          DSCN7051-5.jpg

顔全体がボリュームアップしており、立体感が出てきていますが、特に上あごの骨に相当する部分の高さと幅が増加しています。ご本人の体の成長もありますが、肩幅と胸の厚みも出てきています。
 

症例3 開始時年齢8歳、男性
診断:上下顎前歯部叢生、使用装置:スマイルベースにて現在治療中

左側の写真が治療前、右側の写真が治療開始から約1か月半

DSCN7312-5.jpg

この方の場合、顔全体と上あごの骨に相当する部分の横幅が増加しています。
歯列の写真(下図)では、上下の歯列が若干ですが広がっております。 

治療開始前

DSCN7324-3.jpg

開始から約1か月半後

DSCN7627-3.jpg

 

ご予約・お問い合わせ
このページのTOPへ戻る

c 2011 suzurandai dental clinic.