2019年11月8日 最新

    

保険医療機関コード:130,066,0

特  許  取  得  済
(日本国特許第5950211号、特開2015-066410、
マウスピースタイプの口腔育成装置にて
 patent20160630-3.jpg   DSCN8729-3.jpg


当院は、マウスピース矯正を専門に行っている歯科医院です。


よろしければこちらも併せて
ご覧下さい。

            ↓ ↓ ↓


当院ブログ

当院Twitter


新着情報を
記載する場合があります。


当院Facebook

   20193mixmp-ninshou2.jpg

 すずらん台矯正歯科では、透明なマウスピースによる最新の見えない歯列矯正治療、およびマウスピースによる小児口腔育成矯正治療(こどもマウスピース矯正)を専門に行っております。
 

  当院独自のマウスピース歯列矯正治療「スマイルアライナー」"Smile Aligner"シリーズは、「見立たない」「痛くない」だけではなく、

「健康な永久歯を抜かない
(親知らずは抜く場合もあります)

「体と歯にやさしい」

「むし歯や歯周病のリスクがない」=むし歯、歯周病の予防だけではなく、舌がん、口腔がんの予防にも寄与する

「治せない歯並びがない」=ほとんどの歯並びに適応可能


「ブラケット・ワイヤーを一切使わず、マウスピースのみで治せる」=精度の高い歯牙移動が可能

「患者さんを診た人だけが作る」=歯科医師自らが診察、診断、および治療計画の立案を行い、装置の製作も自院で行う(歯列矯正用のマウスピースを歯科技工所に「丸投げ」せずに、自院で製作できる歯科医院は全国的にもほとんどありません。)

安心の日本国内技工」=マウスピースに使用するシート素材は、厚生労働省の承認を受けた製品を使用し、かつ日本国内で技工製作しています。

「子供さんも治療できる」=低年齢、乳歯列からOK(特許取得)


のが特徴の、
ストレスフリー、リスクフリーの最新マウスピース矯正治療であり、治療をお受けになった患者さんにも大変ご好評、ご満足をいただいております。豊富な症例数に加えて、難症例の治療実績も有しています。

  歯列矯正以外では、歯に優しい、歯をできるだけ削らずに、病巣部分を無菌化(殺菌)して修復を行う、先進的なむし歯治療も積極的に行っております。
 

SmileAligner.gif


すずらん台矯正歯科 院長 医学博士 長井 講有

20140715-2.jpg
 

マウスピース矯正のモニター募集につきまして

モニターの内容につきましては、下記PDFファイルをクリックしてご覧下さい。

                    20191102.pdf


モニター価格による治療をご希望の方は、
ご来院の前日までに、ご予約を確定、完了させて下さい。


 ご不明な点等ございましたら、お電話もしくは「ご予約・お問い合わせ」フォームにてお問い合わせ下さい。


新着情報  new !
 

・ 2019/11/7 お知らせ


  来週12日(火)は、一日出張診療にて不在になるため、お電話に出ることができません。初診のご予約につきましては、ご予約・お問い合わせフォーム、もしくはEPARK歯科矯正初診専用です!保険診療のご予約はできません。からお願いいたします。


・ 2019/6
/26 装置製作の一部を公開しています。

  詳しくはYouTubeをご覧下さい。

 


・ 
2019/6
/20 装置製作の一部を公開しています。

  詳しくは当院FacebookもしくはYouTubeをご覧下さい。

 

・ 2019/6/17 症例紹介と、矯正治療のリスク及び副作用(副効果)に関する内容を掲載しました。


 詳しくは症例紹介をご覧下さい。


・ 2018/2/19 EPARK歯科(イーパーク歯科)等を通じてのご予約、もしくはお問い合わせについて(お知らせとお願い)

 
EPARK(イーパーク)歯科(他の類似のポータルサイトも含みます)を通じての保険診療のご予約に関しましては、当院だけではなく他のすべての加入医院様も含めて、その違法性厚生労働省保険局医療課事務連絡、
疑義解釈資料の送付について(その8、別添5)』、2016)が指摘されております。このため当院におきましては、法令遵守の観点から、EPARK歯科を通じての保険診療のご予約は受付しておりません。要約しますと、


①患者様→EPARK歯科の無料電話(0066-9683-036779)での

               矯正(※)のご予約‥‥(従来通り)

※3Mix-MP法等、他の自由診療(保険外診療)についても同様です。ご来院されましてからは、矯正(もしくは自由診療)の診療の流れに沿って診療を進めてゆきます。

②患者様→EPARK歯科の無料電話(0066-9683-036779)での

                    保険診療のご予約‥‥×

→この場合、お手数ですが、EPARK歯科の無料通話を通さずに、直接当院にお電話をおかけなおし下さい。


ということになります。なおEPARKのWebサイトからのネット予約につきましては、以前より矯正専用としておりますが、保険診療のご連絡がありました場合には、上記
に準じた対応とさせていただきます。


  お手数をおかけしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。


・ 2018/1/12 「訪問歯列矯正」(歯並びの往診、訪問マウスピース矯正)開始のお知らせnew017_06.gif

  上記の通り、遠方であったり、診療日や診療時間にご都合が合わせられない、あるいは通院を知られたくない、等々の理由でご来院が難しい方のために、患者様のご自宅等への

訪問(による)歯列矯正治療
Deliverly mouthpiece orthodontics

を開始いたします。もちろん全国対応です(現在のところ日本国内のみ、離島や一部島嶼地域を除きます)。また診療日は、当院の診療日(金曜日と土曜日)以外の日(応相談)とします。
  内容、訪問診療の流れ、料金等の詳細につきましては順次当院ホームページ、

および当院ブログにもアップロードしてゆきます。

  永久歯列の方が対象です。人数限定になると思われますので、ご希望されます方、もしくは詳しくお知りになりたい方は、

当院HPの「ご予約・お問い合わせ」フォームよりまずはお問い合わせください。なおこの訪問歯列矯正は、初回訪問時に歯列矯正治療を開始したい(=いわゆる上下の歯列の「型取り」までを受けられる)方限定ですので、とりあえずは相談のみという方、あるいは初回相談を受けてから治療を受けるかどうか検討される、という方につきましては、従来通り初回相談とカウンセリングのご予約をお取りいただいた上でご来院下さい。


・ 2017/6
/6 再治療にも最適です。


  最近の傾向として、ワイヤー矯正後に起ってくるいわゆる「後戻り」の再治療をされる患者様が増えてきております。またワイヤー矯正を挫折してしまわれたり、何らかの事情で中断された方の再治療も行っております。さらに他社のマウスピース矯正後の再治療を行っている方もいらっしゃいます。このようなケースに対しましては、当院のマウスピース矯正が最も適していると言っても過言ではありません。もちろんモニター価格にて行うことが可能ですので、

ご予約、お問い合わせはお早めにお願いします。

 

・ 2016/7/19 マウスピースの装着前と装着後の写真を掲載いたしました(再掲)。


shiraishi-before.jpgshiraishi-after.jpg

                       装着前                                              装着後


 
  画面から少し離れてご覧いただいたほうが実際の見た目に近くなります。 

 

ご予約・お問い合わせ

各診療内容へ(それぞれの項目をクリックしてご覧下さい。)
banner02-2.jpgbanner04.jpgbanner03.jpg banner01.jpg  


当院は完全予約制ですが、空きがあれば、当日予約も可能です。

 

診療日および診療時間
 

日曜日および祝日の診療日につきましては、事前にお電話もしくはメールフォームにてお問い合わせ下さい。特に記載のない日は休診となります。日曜日および祝日の診療時間は午前のみ(10:00-13:00)です。日曜日および祝日は現在、出張診療もしくは訪問歯列矯正診療のため、休診です。

診療日は、金曜日土曜日のみです(祝日除く)。
診療時間:午前10時~午後1時午後3時30分~午後7時
(学会出張等により診療日、診療時間が変更になる場合があります。) 


月曜日~木曜日は装置製作日のため、お電話もしくは「ご予約・お問い合わせ」フォームによる予約受付のみ行っております。ただし矯正初診および口腔育成初診の方につきましては午前中もしくは午後の遅い時間帯で対応可能な日もありますので、詳しくはお電話もしくは「ご予約・お問い合わせ」フォームにてお問い合わせ下さい。

このページのTOPへ戻る