2020年7月3日 最新

    

保険医療機関コード:130,066,0

特  許  取  得  済
(日本国特許第5950211号、特開2015-066410、
マウスピースタイプの口腔育成装置にて
 patent20160630-3.jpg   DSCN8729-3.jpg


当院は、マウスピース矯正を専門に行っている歯科医院です。


よろしければこちらも併せて
ご覧下さい。

            ↓ ↓ ↓


当院ブログ

当院Twitter


新着情報を
記載する場合があります。


当院Facebook

   20193mixmp-ninshou2.jpg

 すずらん台矯正歯科では、透明なマウスピースによる最新の見えない歯列矯正治療、およびマウスピースによる小児口腔育成矯正治療(こどもマウスピース矯正)を専門に行っております。
 

  当院独自のマウスピース歯列矯正治療「スマイルアライナー」"Smile Aligner"シリーズは、「見立たない」「痛くない」だけではなく、

①「健康な永久歯を抜かない
(親知らずは抜く場合もあります)

②「体と歯にやさしい」

③「むし歯や歯周病のリスクがない」=むし歯、歯周病の予防だけではなく、舌がん、口腔がんの予防にも寄与する

④「治せない歯並びがない」=ほとんどの歯並びに適応可能


⑤「ブラケット・ワイヤーを一切使わず、マウスピースのみで治せる」=精度の高い歯牙移動が可能

⑥「患者さんを診た人だけが作る」=歯科医師自らが診察、診断、および治療計画の立案を行い、装置の製作も自院で行う(歯列矯正用のマウスピースを歯科技工所に「丸投げ」せずに、自院で製作できる歯科医院は全国的にもほとんどありません。)

⑦安心の日本国内技工」=マウスピースに使用するシート素材は、厚生労働省の承認を受けた製品を使用し、かつ日本国内で技工製作しています。

⑧「子供さんも治療できる」=低年齢、乳歯列からOK(特許取得)

⑨他院での治療(ワイヤー表裏、床矯正、他社製マウスピース矯正等)後の

          「後戻り」も治せる

のが特徴の、
ストレスフリー、リスクフリーの最新マウスピース矯正治療であり、治療をお受けになった患者さんにも大変ご好評、ご満足をいただいております。豊富な症例数に加えて、難症例の治療実績も有しています。

  歯列矯正以外では、歯に優しい、歯をできるだけ削らずに、病巣部分を無菌化(殺菌)して修復を行う、先進的なむし歯治療も積極的に行っております。
 

SmileAligner.gif


すずらん台矯正歯科 院長 医学博士 長井 講有

20140715-2.jpg
 

マウスピース矯正のモニター募集につきまして

モニター価格による治療費総額:
¥550,000

(消費税込、①初診(初回相談)の日に、治療開始のご同意をいただき「型取り」を行い、かつ②現金もしくはお振込みによる、総額一括払いの場合。上記価格は、掲示されている期間にご予約をお申込みいただいた方のみ有効です。)

新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、

現在定数を限定して受付しております。

モニターの内容につきましては、下記PDFファイルをクリックしてご覧下さい。

                    20191202.pdf


モニター価格による治療をご希望の方は、
ご来院の前日までに、ご予約を確定、完了させて下さい。なお現在、歯科診療で使用する材料、器材、消耗品が軒並み値上がりしているのに伴い、近々上記モニター価格治療費の値上げを検討しなければならない状況になってきております。加えて新型コロナウィルス感染症に関しまして、現在は比較的小康状態でもありますので、治療を希望される方、あるいは検討されている方は、できるだけお早めにご予約いただくことを強くお勧めいたします。


 ご不明な点等ございましたら、お電話もしくは「ご予約・お問い合わせ」フォームにてお問い合わせ下さい。

※EPARK歯科からの予約システムにつきましては、①以前より違法性が指摘されていましたことと、②ご利用された患者様が事前の連絡確認なく来院される可能性があり、また実際に来院された方もいらっしゃいましたので、私どもにとっては、新型コロナウィルス感染防止対策の観点からも好ましくないと考えております。このため当院では当面の間、自主的にEPARK歯科からの予約システムを自粛、停止させていただいております。不自由をおかけするかもしれませんが、悪しからずご了承下さい。


新着情報  new !
 

・2020/5/14 新型コロナウィルス感染拡大緊急事態宣言解除を受けて(お知らせ)

 すでにご承知の通り、三重県につきましては、本日新型コロナウィルス感染拡大緊急事態宣言が解除されました。しかしながら未だ治療薬もなくワクチンの開発もこれからという現状では、感染拡大の危険性が完全に排除できたとは言えず、再感染、家族内感染やいわゆる「第2波」への警戒も必要ですので、直ちに通常の診療体制に戻すには時期尚早であると考えます。従って5月中については、引き続き縮小診療(および装置製作)体制とし、期間をかけて徐々に、通常の体制に戻してゆくことといたします。なおご予約の変更につきましては、宣言期間中と異なり、こちらからは連絡は致しません。患者様からお申し出もしくはご連絡があった場合にのみ変更させていただくこととします。不自由をおかけしますが、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。

・2020/4/18 新型中国コロナウィルス(COVID-19)感染拡大による緊急事態宣言発令を受けて(重要)

 すでにご承知の通り、新型中国コロナウィルス感染拡大により、政府から全都道府県に緊急事態宣言が発令されました。これを受けて当院では、4月18日(土)から5月6日(水)までの期間を、非常時診療体制とさせていただきます。患者様やご家族、スタッフの安全確保、および感染拡大防止のため、
①一日の診療枠を削減し、部分的に診療時間の短縮(時間帯ごとの休診遅れての診療開始、もしくは診療時間の繰り上げ早期終了等)を行います。これに伴い、電話もしくはメールによる対応も制限せざるを得ないことになります。特に緊急事態宣言発令期間のメールもしくはご予約・お問い合わせフォームの対応につきましては、矯正初診(※)のご予約のみ行うこととします。お問い合わせのみ、あるいは再診の方の対応は、すべてゴールデンウィーク明け(緊急事態宣言解除)以降になりますので、悪しからずご了承下さい。
※何らかのご事情により、矯正初診相談、検査・診断を進める必要が有る方、あるいは早く矯正治療をスタートされたい方については、できる限り柔軟に対応させていただきますので、お早めにご連絡下さい(最近でも数名の方が矯正をスタートされましたので、不要不急にはできません)。

②院内の人口密度を低減し、クラスターを作らないよう配慮してまいります。ご予約の時間を、できる限り他のご予約の方と重ねないように取らせていただきます。従って、通常よりも大幅な待ち時間が出る可能性もあります。
③これまで以上に、診療器具器材の滅菌消毒および手の触れる部位の消毒を徹底し、更なる感染拡大防止対策の強化を行っております。
④診療時間の短縮に伴い、できるだけ外出も自粛しなければならないことから、マウスピースの製作についても縮小体制とさせていただきます。従って、装置のお渡しおよび発送も延期になる可能性があります。
⑤受付にて、体温計測(検温)をさせていただく場合がありますので、ご協力下さい。

 5月8日(金)より徐々に、通常の診療体制に戻してゆく予定ではありますが、感染拡大の状況によっては、更なる延長の可能性もございます。不自由をおかけしますが、今回ばかりは不可抗力ですので、何卒ご理解、ご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

・2020/3/30 矯正初診のご予約について

 新型コロナウィルス感染防止対策の一環として、当院では、できるだけクラスター(集団)を作らないように、矯正初診のご予約を、診療日以外の平日もご予約可能としております。詳細は下記のとおりです。



矯正初診のみの受付です。再診、再初診もしくは一般歯科治療(矯正以外)のご予約は不可ですのでご注意下さい。

①ご予約受付可能な曜日: 曜日、曜日および曜日
②時間帯: 上記いずれも夕方5時(17:00)以降、要相談
③人数: 各曜日とも1名のみ
④ご連絡の方法: 必ず前日までに、お電話もしくは「ご予約・お問い合わせ」フォームよりご連絡下さい。ただし、火曜日と日曜祝日はお電話がつながりません。また月水木曜日でも、時間帯によっては電話がつながらないこともありますので、できるだけフォームよりご連絡下さい。
⑤成人の方は、1名でご来院下さい。未成年者等の場合、保護者の方も1名でお入り下さい。


以上

よろしくお願いいたします。

・ 2020/3/16 新型コロナウィルス感染拡大に関して(お知らせ)

  新型コロナウィルス感染拡大による影響が懸念されてきております。当院は、開院時より手洗い、器具器材および周囲の設備(ドアノブ、チェア周り備品)等の滅菌消毒を徹底して行っており、今回の件で感染防止対策をさらに強化しておりますことと、同じ時間に何人もの予約を取ったり、あるいは複数の患者さんに診療台にお座り頂いての、いわゆる「ベルトコンベアー式診療」あるいは「同時並列診療」を行っていない(ワンタイム・ワンアポイント)ので、いわゆる「クラスター(集団)」を作ることがありません。このためかどうかはわかりませんが、幸いご予約のキャンセルや変更が、2月に入ってからも現在のところほぼ皆無です。

 またマウスピースにつきましても、これまで通り、
一個一個、薬液消毒を行った上でお渡しもしくはお送りしておりますので、ご安心下さい。

 今後とも宜しくお願い申しあげます。

・ 2020/3/5 お知らせ


  今後当面の間、毎週日曜日、祝日および火曜日は、一日出張診療にて不在になるため、お電話に出ることができません

 初診のご予約につきましては、ご予約・お問い合わせフォーム
からお願いいたします。



・ 2019/6
/26 装置製作の一部を公開しています。

  詳しくはYouTubeをご覧下さい。

 


・ 
2019/6
/20 装置製作の一部を公開しています。

  詳しくは当院FacebookもしくはYouTubeをご覧下さい。

 

・ 2019/6/17 症例紹介と、矯正治療のリスク及び副作用(副効果)に関する内容を掲載しました。


 詳しくは症例紹介をご覧下さい。

・ 2018/1/12 「訪問歯列矯正」(歯並びの往診、訪問マウスピース矯正)開始のお知らせnew017_06.gif

  上記の通り、遠方であったり、診療日や診療時間にご都合が合わせられない、あるいは通院を知られたくない、等々の理由でご来院が難しい方のために、患者様のご自宅等への

訪問(による)歯列矯正治療
Deliverly mouthpiece orthodontics

を開始いたします。もちろん全国対応です(現在のところ日本国内のみ、離島や一部島嶼地域を除きます)。また診療日は、当院の診療日(金曜日と土曜日)以外の日(応相談)とします。
  内容、訪問診療の流れ、料金等の詳細につきましては順次当院ホームページ、

および当院ブログにもアップロードしてゆきます。

  永久歯列の方が対象です。人数限定になると思われますので、ご希望されます方、もしくは詳しくお知りになりたい方は、

当院HPの「ご予約・お問い合わせ」フォームよりまずはお問い合わせください。なおこの訪問歯列矯正は、初回訪問時に歯列矯正治療を開始したい(=いわゆる上下の歯列の「型取り」までを受けられる)方限定ですので、とりあえずは相談のみという方、あるいは初回相談を受けてから治療を受けるかどうか検討される、という方につきましては、従来通り初回相談とカウンセリングのご予約をお取りいただいた上でご来院下さい。


・ 2017/6
/6 再治療にも最適です。


  最近の傾向として、ワイヤー矯正後に起ってくるいわゆる「後戻り」の再治療をされる患者様が増えてきております。またワイヤー矯正を挫折してしまわれたり、何らかの事情で中断された方の再治療も行っております。さらに他社のマウスピース矯正後の再治療を行っている方もいらっしゃいます。このようなケースに対しましては、当院のマウスピース矯正が最も適していると言っても過言ではありません。もちろんモニター価格にて行うことが可能ですので、

ご予約、お問い合わせはお早めにお願いします。

 

・ 2016/7/19 マウスピースの装着前と装着後の写真を掲載いたしました(再掲)。


shiraishi-before.jpgshiraishi-after.jpg

                       装着前                                              装着後


 
  画面から少し離れてご覧いただいたほうが実際の見た目に近くなります。 

 

ご予約・お問い合わせ

各診療内容へ(それぞれの項目をクリックしてご覧下さい。)
banner02-2.jpgbanner04.jpgbanner03.jpg banner01.jpg  


当院は完全予約制ですが、空きがあれば、当日予約も可能です。

 

診療日および診療時間
 

日曜日および祝日の診療日につきましては、事前にお電話もしくはメールフォームにてお問い合わせ下さい。特に記載のない日は休診となります。日曜日および祝日の診療時間は午前のみ(10:00-13:00)です。日曜日および祝日は現在、出張診療もしくは訪問歯列矯正診療のため、休診です。

診療日は、金曜日土曜日のみです(祝日除く)。
診療時間:午前10時~午後1時午後3時30分~午後7時
(学会出張等により診療日、診療時間が変更になる場合があります。) 


月曜日~木曜日は装置製作日のため、お電話もしくは「ご予約・お問い合わせ」フォームによる予約受付のみ行っております。ただし矯正初診および口腔育成初診の方につきましては午前中もしくは午後の遅い時間帯で対応可能な日もありますので、詳しくはお電話もしくは「ご予約・お問い合わせ」フォームにてお問い合わせ下さい。

このページのTOPへ戻る