歯列矯正とは別に、あごの(骨の)発育不足のお子さんを対象に、スマイルベースによる口腔育成治療のみを行うことを目的として開設いたしました。

1)口腔育成とは? - 歯並びも大事ですが、もっと大切なことがあります。 - 

あごの骨(骨格構造)の成長発育不足(私たちはよく「未発達」あるいは「劣成長」と言います)が原因で歯並びに問題のある子どもが増え続けています。一方であごの骨の成長が不足していると、歯並びだけではなく、心と体の成長にも様々な悪影響を及ぼすことがわかっています。
当院の口腔育成治療は、歯に直接アプローチして歯並びを綺麗に整えてゆく歯列矯正治療(スマイルアライナー・シリーズ)とは異なり、独自に考案、開発した顎骨発育促進装置を通して咬む(咬合力)という負荷をかけることで、顎骨(特に上顎骨)のボリュームを増やします。顎骨のボリュームが増えることで顔(顎顔面)、そして口(口腔咽頭)の成長発育も促進、改善されますので、永久歯が正しく生えるスペース(歯並びのいわば「基礎」)が出来上がります。従来の拡大装置や床矯正装置とは異なり、無理な力を加えませんので、根本的に正しい歯並びのいわば「基礎」を作るだけではなく、患者さんの心と体の正常な成長発育と健康増進にも貢献できる、これまでにない画期的な治療であると考えております。
 

2)使用する装置 - スマイルベースSmilebase -

原則として、装置は毎日就寝中(寝ている間)のみの装着となります。 
 

3)治療開始年齢

乳歯が全て生え揃って、いわゆる「型取り」(印象採得)ができる年齢以降。幼稚園年中~年長くらいから10代後半まで適応可能ですが、できるだけ早期の開始が望ましいです。
 

4)治療可能な症例

    歯並びの良し悪しに関係なく、ほとんどのお子さんが対象
になります。特に歯並びが一見綺麗でも、乳歯が隙間なく並んでいるようなお子さんは口腔育成治療が必要です。
 

5) 治療期間

あごの骨の発育状況や治療の開始時期等によって大きく異なり、また個人差も大きいですが、概ね1~4年程度になります。 顎の骨(特に上あご)のボリュームが十分に増えた時点で、治療は終了となります。